TOKIOの長瀬智也くんが、2017年7月期の日曜劇場『ごめん、愛してる』(日曜夜9時・2017年7月スタート)で主演を務めることが発表されました。

ドラマ『ごめん、愛してる』は2004年に韓国制作され、人気韓国ドラマ「冬のソナタ」をしのぐ29.2%の最高視聴率を記録した大ヒット作品のリメイクとなります。

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた男が、生まれて初めて“愛”を知る究極のラブストーリー。

長瀬くんがラブストーリーのドラマ作品に出演するのは「ラブとエロス」(1998年TBS系連続ドラマ)以来、実に19年ぶりとなります!

スポンサーリンク

長瀬智也、日曜劇場「ごめん、愛してる」主演決定!最視聴率韓ドラリメイク

TOKIOの長瀬智也くんが、2017年7月期の日曜劇場『ごめん、愛してる』(日曜夜9時・2017年7月スタート)で主演を務めることが発表されました。

ドラマ『ごめん、愛してる』は2004年に韓国で制作され、人気韓国ドラマ「冬のソナタ」をしのぐ29.2%の最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした大ヒット作品です。

長瀬智也くんは、幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた男・岡崎律役を演じます。

裏社会にしか居場所がなかった律。ひょんなことから一人の女性・吉岡里帆さん演じる三田凛華を助けたことが二人にとって運命を変える出会いとなります。

血の気が多くケンカが強い、その一方で人間的な温かみも持つ男という役柄。
長瀬くんがストレートなラブストーリーに出演するのは、1998年のTBS系「ラブとエロス」以来19年ぶりとなります。

共演は、ヒロインの三田凛華役に吉岡里帆さん。実力派アイドルピアニスト・日向サトル役に坂口健太郎さん。長瀬くん演じる主人公・律を捨てた母親で、サトルの母親・日向麗子役に大竹しのぶさん。

長瀬くんは今回の出演に際し、以下のように意気込みを語っています。

長瀬くんのコメント全文はこちら↓

コメント

■長瀬智也さん
20年ぶりのラブストーリーになるのですが、これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。「ラブなんか」とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に「自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか」という思いでやりたいです。これまで積み重ねてきたものも踏まえて、自分にしか出来ないキャラクター、ラブストーリーになったらいいんじゃないかなと思います。
共演者には若い方が多いので、どういう空気感になったりするのか楽しみ。いいケミストリーになるんじゃないかなというポジティブな気持ちしかないです。大竹しのぶさんとの共演は20年ぶり。当時も自分のくだらない話を優しい笑顔で聞いてくれたり、大きい優しさに包まれていた記憶があるので、またそれに浸れたらなと思います。
これまであまりラブストーリーに携わることがありませんでしたが、30代後半になって“愛”に対して思うことが、20年前とは全然違うと思うんです。今回の役を通してその気持ちを素直に受け取って演じようと思っています。きっと見たことのないラブストーリーになるので、ぜひ期待してみてもらえたらと思います。

長瀬くんほか、吉岡里帆さん、坂口健太郎さん、大竹しのぶさんのコメントも『ごめん、愛してる』公式サイトにUPされていますので、ぜひチェックしてください↓
■日曜劇場『ごめん、愛してる』|TBS公式サイト日曜劇場『ごめん、愛してる』|TBS公式サイト

長瀬くん実に19年ぶりのラブストーリーで、どんな表情を見せてくれるのか、非常に楽しみですね!

出典:
TOKIO長瀬 TBS「日曜劇場」初主演、自身19年ぶり恋愛ストーリー|スポニチ
韓流大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」TOKIO長瀬主演でリメイク|スポーツ報知
TBS7月長瀬智也主演で究極のラブストーリー|日刊スポーツ