管理人はもちろんジャニーズが大好きなので、たくさんのジャニーズグループのコンサートやツアーに参戦させていただいております。

このサイトでもみなさまのコンサート公演レポをまとめさせていただいておりますが、(いつもありがとうございます)素敵で楽しい公演レポの一方で、近年コンサートで悲しい体験、残念な体験をされたいうお声も拝見することが非常に増えてきました。

実際に管理人も多くのコンサートに参戦してきた中で、悲しいこと、残念なことを経験したことが何度かあります。
自分が実際にかかわっていなくても、そういう現場を目撃するだけで悲しい気持ちになるものです。
ジャニヲタ友達からもたくさん聞きます。

それは、「自担にファンサをもらえなかった」「席が遠くて見えなかった」などではございません。

わたしたち、ファンの「マナー」「モラル」問題です。

コンサート発表

チケット申し込み

当選

待ちに待ったコンサート

コンサート開催発表からコンサート当日。
この一連の流れは、私たちジャニーズファンにとって、非常に幸せを感じる期間ですよね。
ジャニーズはチケットを確保するのも一苦労の中、無事に当選
コンサート当日をドキドキしながら、うちわを作って参戦服を友人と相談して…指折り数えて当日の準備をして…

そんな楽しみにしていたコンサート。そのコンサートに参戦するファンなら全員が幸せになれる1日のはず。

目の前にいつも応援している彼が!そんな瞬間、あまりに嬉しすぎて、周りが見えなくなってしまうのもわかります。
しかし、周りの人に不快な思いをさせてまで自分だけが良ければいいなんてこと、あってはなりません。
そんな人がどんどん増えてしまったら、いいコンサートはできなくなってしまいます。

「コンサートはジャニーズとファンみんなで作るものです」

今一度マナーとモラルを見直して、自分に思い当たるところがないか確認してみましょう!

スポンサーリンク

マナー編

  1. うちわ

    うちわについて、公式ルールがあるのをご存知ですか?
    決してイラストのようにしてはいけません!
    最近ではルール違反のうちわはスタッフによって注意・規定サイズにハサミでカットされることもあるそうです。
    会場によってはうちわ検査も実施されています。
    せっかく作った応援うちわがルール違反にならないよう、以下の決まり事をチェックしてうちわを作ってくださいね。

    ①うちわ公認サイズより大きいものの持ち込み禁止

    公認サイズとは、ジャニーズ公式コンサートグッズ『ジャンボうちわ』のサイズです。
    サイズは縦28.5cm×横29.5cmなので、それ以上大きいうちわを持つことはやめましょう。
    うちわ以外の大きなボードなどを持ち込みことも禁止されています。

    ②発光装飾禁止

    うちわを目立たせたくて、キラキラ光る装飾をしていませんか?
    ホログラムや、モール、電飾など、発光・反射する装飾は禁止されています。
    コンサートでは多量の照明器具が使われています。
    ライトがうちわに反射し、出演者をはじめ周りの方の目に悪影響を及ぼす危険性があるので絶対にやめましょう。

    ②うちわを持つ位置

    自担に気付いてほしくて、ついついうちわを高く上げたくなってしまっても、うちわは胸の高さまでです。
    胸以上上げてしまうと後方のみなさんの視界を遮ってしまいます。
    よくあるのが、うちわで目下まで上げ顔を隠すしぐさ。これも周りの方の視界を遮っています。
    隣の人のスペースに入らないように持ち、うちわを振り回したり、横に振るのも危ないのでやめましょう。

    ②うちわの枚数

    ひとりで2枚~4枚のうちわを連結させたものを出している方がいらっしゃいますが、出していいのはひとりにつき1枚です。
    例えば4人で入り、ひとり1枚ずつもって応援するのはOKですが、ひとりが2枚以上連なっている連結うちわを持つことは禁止されています。

  2. キンブレ・サイリウム

    コンサートでの必須アイテム、ペンライト
    自担カラーにして音楽に乗りながら振って応援するのは非常に楽しいですし、ペンラの光も演出の一部になっていたり一体感が生まれます。
    しかしこれも、問題になっています。
    ペンライトは、公式のペンライトのみ持ち込み・使用が可能となっています。

    公式のペンライトは優しい光で発光します。
    公式外のキンブレやサイリウムは光がかなり強く、眩しくて周りの方の視界の妨げになります。
    演出で公式ペンライトのカラーを統一する演出があった場合、公式外のライトはかなり悪目立ちし統一感の妨げになります。

    またキンブレやサイリウムを持ち込む方は、振り方も独特でかなり悪目立ちし、周りの方に迷惑をかけているケースがほとんどです。
    頭上で奇妙な動きで振るだけで、後ろの方々の視界の大部分を妨げてしまうことになります。

    ジャニーズコンサートに公式外キンブレやサイリウムを持ち込むのは絶対にやめましょう。
    公式ペンライトで応援してくださいね。

  3. 携帯の電源は切りましょう

    会場内での携帯電話の使用は禁止されています。
    マナーモードにしてたとしても電波を受信し、音響器材などに影響が出る場合があります。

    コンサートでタレントさんが必ず耳に装着している「イヤーモニター」にも携帯電話の電波が影響を及ぼしノイズや音の途切れる原因になってしまう恐れがあります。
    また、会場内の撮影・録音は禁止されています。

    大好きなタレントさんのパフォーマンスの妨げにならぬよう、開演前には必ず電源をオフにしましょう。

  4. 服装

    なかなか会えない大好きなタレントにやっと会える特別な1日。
    コンサート当日を迎えるまで、服装はどうしようかな、髪型はどうしようかなとドキドキしながら考えますよね。
    精一杯のおしゃれをしてコンサートに行きたい!その気持ちは参戦する皆さん一緒なのではないでしょうか。
    服装を決める際には、周りの人に迷惑が掛からない服装を意識しましょう。

    髪型

    盛り髪、高い位置でのお団子、ポニーテールはうしろの方々の視界の妨げとなりますので絶対やめましょう。
    またハット、キャップ、大きな飾りのついたカチューシャやニット帽なども周りの方の視界を妨害してしまうので、コンサート中は外しましょう。

    ハイヒールや厚底靴は、周囲の方の足を誤って踏んでしまったり転倒してしまう恐れがあります。
    また、アリーナ席の場合周囲の方々より背が高くなることでうしろの方々の視界の妨げとなりますので、ヒールでも適度なものなら大丈夫ですが、好ましいのは安全なスニーカーです。

モラル編

  1. さまざまな「臭い」

    コンサート会場は何千~何万もの人がひとつの空間を共有します。
    座席と座席の間も狭いので、周りの匂いも香ってきます。
    これが悪臭だった場合、コンサート中ずっとその臭いに苦しめられ、最悪体調も悪くなってしまいます。
    臭いはデリケートな問題です。
    同行している人がそうであっても、なかなか注意しずらいものですし、逆もしかりです。
    今一度「匂いエチケット」を見直してみましょう。

    体臭

    体臭でよく苦しむのが「ワキガ」の強烈な臭い。
    隣はおろか、結構な広範囲そのにおいが立ち込めることになります。
    コンサートでは汗をかくことが多いですよね。
    夏はもちろん、冬も会場が暑く汗をかきます。
    コンサートに参加する前に、以下のようなデオドラントクリームを塗ると臭いも汗も防げます♪
    管理人もコンサート前はトイレで必ずこれらクリームを仕込んで参戦します。
    本当に脇の汗がストップし、汗染みも気にならないのでおすすめです。


    口臭

    体臭と同様、口臭も周りの方に迷惑をかけてしまう恐れがあります。
    その人が口ずさんだり歓声を上げるたびに臭ってくる…せっかくのコンサートが被害者には苦痛な時間へと一変してしまいます。
    朝からグッズに並んで夜のコンサート。口内環境がリセットできないと時間がたつにつれて悪くなる一方。口内では菌が増殖し続けます。
    食事後に歯みがきができるよう歯みがきセットを持参するのが1番ですが、バタバタして歯みがきをする時間が取れないことがほとんどかと思います。
    加害者になってしまわないためにも、日ごろからこんなケアをしておくのはいかがですか?



    このサプリはお気に入りで毎日飲んでいます。
    なんと、ジャスミンとバラの香り!
    私はWEST魂期間にはジャスミンを、セクゾ魂期間にはバラを愛飲しています(笑)
    こちらのサプリ、口臭はもちろん体臭も気にならなくなる優れものです♪
    ジャス民さん、セクガルさんはもちろん、女性みなさんにおすすめしたいエチケットサプリです。

  2. 配慮のないおしゃべり

    同行する人ははじめて、自分はすでに参戦したことがあるコンサートだと、ついつい次の演出を教えたくて大きな声でネタバレしてしまっている人がいます。
    周りにはこのコンサートが初めての方がたくさんいらっしゃいます。
    事前に確認したい人もいれば、この日のためにネタバレをチェックせずにワクワクしている人もいます。
    聞きたくないネタバレを他人から聞いてしまうことのショックは計り知れません。

    開演前はもちろん、開演中もネタバレを話す行為は絶対にやめましょう。

  3. 銀テープ

    近年「銀テープの奪い合いがひどい」と耳にします。
    コンサートが最高潮の盛り上がりを見せたところでの銀テープ発射。より一層盛り上がるワンシーンです。
    ぜひ思い出の品として持ち帰りたいところですが、銀テープが欲しいが故の席移動、引っ張り合い、柵越え等、本当に危険です。
    そしてなにより、タレントさんがまだ出演していてコンサートは終わっていないのにそんな姿を晒すことを恥ずかしいと思うべきです。
    これで事故が起こってしまったら、銀テープ演出自体やらなくなってしまう可能性もあります。
    銀テープはあくまで自分の頭上に降ってきたもののみもらうようにし、争ったり奪ったり危険な行為は絶対しないようにしましょう。